【サッカー】イタリア3部(セリエC)で無慈悲な20失点ゲーム…「嫌なことがあったらこの試合を思い出して」

「もし週末の試合が悪い結果だったなら、イタリアのプロピアチェンツァのことを思い出してください」。英『BBC』は17日にイタリアの珍事を紹介している。

イタリアのセリエC(3部)グループAに所属するプロピアチェンツァは17日にクーネオと対戦し、0-20で敗れた。前半終了時点で16失点。クーネオのFWヒシャム・カニスとFWエドゥアルド・デフェンジは前半だけで5ゴールを稼いだ。

一体なぜこのようなスコアになったのか。イタリア北部にあるプロピアチェンツァは深刻な財政難にあり、今季スタート時点で勝ち点8を剥奪される処分に。さらに8月以降には選手たちにまともな給料さえ支払われていないという。直近の試合も人数不足で没収試合になっていた。

そのような環境で試合に挑んだプロピアチェンツァ。十分な戦力を揃えたクーネオとは対照的に、試合開始時にピッチに立ったのは7人でそのうちの6人が10代選手たちだった。19歳のキャプテンであるニコラ・シリグリアーノは監督不在のチームのマネージメントも担当。無情にも開始3分で先制されると、4分、8分、10分、15分であっという間に5失点を喫してしまった。

コンスタントに積み重ねてしまった失点は合計20点に達して試合終了。深刻な経済的危機に陥っているプロピアチェンツァは、3月11日にもイタリアサッカー連盟(FIGC)の公聴会に出席し、今後の去就を決めていくという。

FIGCのガブリエル・グラビーナ会長はこの結果に「スポーツへの侮辱」と頭を抱える。「私たちの責任はファン、健全なクラブ側の情熱、そしてこのリーグの信頼を守ることにある」と語り、「私たちが目撃した試合は最後のものになるでしょう」と悲しい結末を示唆した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-29730804-gekisaka-socc

     
野球だったら5,6人でやるようなもんか
試合成立してないな
せめて同じ人数で試合をした方がいい。
     
対戦相手はラッキーやったな
こんなボーナスゲームでゴール数稼ぎまくれて
圧倒的に不利なのを承知で、ピッチにたったであろう
プロピアチェンツァの選手を讃えたいよ(泣)
     
何の慰めにもならないが・・・。
この人数差で試合が成立するのは初めて知った。4人もいないと何したらいいか分かんなくなりそう。
     
前もポルトガル一部の試合で8人で試合やったことあったね
その8人で試合をしたチームにオブラークいた思い出
五点差ついたらコールドにすればいい。
     
無登録の選手はピッチに立てないのだろうが、大目に見て間に合わせの選手起用があれば、金の卵も見いだせるのでは?
俺11人対メッシ3人でも勝てる気はしない
     
初めから、人数も少なくて格上相手なら、言うほど教訓にはならないかな。選手にとっては。恥に思う必要もないし。
それより、チームの運営者は一番恥をかいたんじゃないかな。
試合できないと3-0扱いで、実際試合したら20-0か、このチームに悪いけどこれは不公平って他チームから出そうやな…残留や昇格争いでこの得失点差は大きい
     
ピッチに立ったのが7人って。俺でも現地にいたら出してもらえた可能性あった?
チームが7人でも試合が成立する事に驚いた。
     
逆によく20失点で抑えたと言うべきか
無慈悲って言葉を見ると、違う事を思い出してしまう。
     
野球でも20点はそうそう無いぞ。
ボランティアでもいいんでとりあえず11人揃えられなかったのか?
     
普通にライセンスはく奪のようなクラブ経営ですね・・・
この試合が無慈悲と言うかクラブ経営が無慈悲と言わざる得ない。

こう言ってはなんですが・・・
サッカーではなくフットサルでクラブ経営したら、
試合もまともになったかもしれませんね。

スポーツだから無慈悲も何もねぇだろ…と思ったら、内容聞いたらマジで無慈悲だった件